ボトックスが人気の理由
ボトックス

ボトックスが人気の理由

ボトックスはメスのいらないプチ美容整形として人気が出ています。しかし、メスがいらないといってもいったいどんな方法で行うのかまだまだ知られていない事が多いようです。このサイトではボトックスの治療やボトックスの効果そしてどんな副作用があるのかなど詳しく解説しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -

ボトックス美容治療法

ボトックスとは「A型ボツリヌス菌毒素製剤」のことで、もともとは病院で、顔面けいれんや顔面麻痺などの症状を治療するために使われていたものです。
このボトックスは、現在では美容のために使用される機会が多くなっており、たいへんな人気を呼んでいます。

ボトックスとは、もともとは眼瞼、顔面麻痺などの症状に用いられていた製剤ですから、安全性という点では心配はないものということができます。
たまに誤解している人がいることがありますが、ボトックスにはボツリヌス菌そのものが入っているわけではありません。

ところでボトックスとは、どのようなシワに最もよく効くのでしょうか。
ボトックスには筋肉の動きを抑制する効果があります。ですから、シワの原因となる表情筋の動きを抑制することにより、額の横ジワや眉間のシワ、笑いジワといった「表情ジワ」といわれるシワに働きかけることになります。

ボトックスとは比較的新しいシワ改善法で、アメリカでは2001年に美容目的での使用が認可されています。
ボトックス注射はとても効果的なシワ治療法ですが、注入量が多すぎると表情がとぼしくなったりする恐れがあるため、できるだけ経験豊富なドクターを選ぶのが良いでしょう。

- : -

ボトックス治療でシワをなくす

シワを治療して若々しい表情を取り戻すためには、従来ならメスを使って耳の後ろ側の部分を切除し、顔の皮膚を後ろに引っ張って縫うという手術が行われていたものです。
ボトックス治療は「切らずにできる」シワ治療法として話題を呼び、現在ではすっかり一般的なものとなりました。

効果的なシワ改善法として人気のあるボトックスは、局所神経の一部を麻痺させる効果を持った薬剤です。
このボトックスを用いたボトックス治療は、もともとは筋緊張性萎縮や顔面けいれん、眼瞼けいれんなどに効果があるとして、神経内科や眼科などで行われていました。

ボトックスがシワを改善する仕組みとはどのようなものでしょう。
ボトックスはアセチルコリンという神経伝達物質の放出を抑制し、表情ジワ部分の表情筋が動きにくいリラックスした状態を作ります。
このため、アセチルコリンの放出が再び盛んになればまたボトックス治療が必要になることになります。

ボトックス治療とは、ボツリヌストキシン製剤を注射して筋肉の収縮を弱め、表情ジワを目立たなくさせる治療法です。
ボツリヌストキシン製剤の注入材料としては、Allergan社のBotoxが国内では有名です。
Botoxのほかには、Dysportなどの製品があります。

- : -

ボトックス効果

シワなどの加齢現象をストップさせて若い頃の表情や素肌を取り戻したいという人たちの間で、アンチエイジング治療が流行しています。
メスを使わずにできる「プチ整形」は特に手軽にできると人気が高く、シワ治療に有効なボトックス効果などが、よく知られているようです。

ボトックス注射をした後は、多くの場合1週間後くらいまでの間にボトックス効果が実感されるようです。
ボトックス注射の痛みについては、普通の注射と同じくらいだと感じる人や、とても痛いと感じる人などさまざまで、場合によっては全身麻酔が施されることもあります。

ボトックス注射と似たシワ改善効果がある化粧品とは、いったいどのようなものでしょうか?
「アルジルリン」という成分を含んだクリームや美容液などの化粧品は、ボトックスを注入した場合と同じようなボトックス効果が期待できるとして、美容ファンから注目されています。

ボトックス効果は、どのようなシワにも有効なのでしょうか。
ボトックスは、表情筋の影響によってうまれる表情ジワに対して効果的であるとされています。
それ以外の小ジワやちりめんジワといったシワには、ヒアルロン酸注入などの治療法が有効であると言われています。

- : -

ボトックスで小顔を実現

「脂肪吸引」は、脂肪が多くついている部位であればどこでもすっきりさせることが可能だと言われています。
ふくよかな頬や二重あごなどの脂肪を取り除けば、顔が小さく引き締まることになります。
「小顔」ということで言えば、ボトックスで小顔を実現させようという方法もあるようです。

ボトックスとは、もともとは眼瞼、顔面麻痺などの症状を治療するために使用されていた薬で、目尻にできる笑いジワなどに代表される「表情ジワ」の治療にもとても有効だとされています。
最近では、ボトックスで小顔効果を得ようとする人も増加しつつあるようです。

実際に、ボトックスのどんな働きが、フェイスラインを細く整えてくれるというのでしょうか?
「エラ」と呼ばれる部分の筋肉をボトックス注射で麻痺させると、筋肉は次第に小さく薄く変化することになります。
これにより、ボトックスで小顔を目指すことができるというわけです。

シワ解消法ボトックスで小顔効果を得ることもできるという知識が、広く一般に浸透しつつあるようです。
ボトックス注射は、メスを使う外科手術などと違って手軽にうけられるものですから、これからは小顔を目指すならボトックスを使うというのが主流になるかもしれません。

- : -

塗るボトックスが人気

塗るボトックス」というのは、スペインの会社が開発した新成分「アルジルリン」が配合された基礎化粧品のことを指します。
ボトックスとは全く別のものですが、表情ジワに対し、ボトックス注射を打ったのとよく似た効果があるとして、現在では高い人気を誇っています。

ボトックス治療は、ボツリヌス菌毒素から抽出した成分を皮膚の内部に直接注入するものですが、「塗るボトックス」と呼ばれるアルジルリン配合化粧品は、名前のとおり、皮膚に塗り込むだけでボトックスと同様の働きをして、表情ジワを改善・軽減するとされています。

さて「塗るボトックス」は、以下のような点で注目されています。
まず「日々のスキンケアに加えるだけで簡単にシワ対策ができること」、また「価格の面では通常の化粧品と大差ないものが多いので、費用の負担が少ないこと」、そして「注射のような痛みがないこと」などです。

ボトックス注射をするのはまだ少々抵抗があるという人でも、「塗るボトックス」なら気軽に始められるのではないでしょうか?
アルジルリンは新成分のため、詳しい統計はまだあまり揃っていませんが、毎日使い続けることでシワ改善効果を維持できるとされています。

- : -

新しいタイプのふくらはぎボトックス治療法

ボトックス注射は、表情ジワの有効な解消法として知られていますが、近ごろでは「ふくらはぎボトックス」や「エラボトックス」といった、新しいタイプのボトックス治療法が登場しています。これは、ボトックスが持つ筋肉の動きを抑制する働きを応用したものです。

ふくらはぎボトックス」の効き目が持続するのは、だいたい6か月程度とされています。効果を継続させるためには、引き続きふくらはぎにボトックス注射をする必要がありますが、2度目の注射までの間隔は、最短でも3か月程度はあける必要があると言われています。

さて、「ふくらはぎボトックス」を試す場合は、以下のような点に注意が必要です。ボトックス注射による腫れや痛みなどの心配はほとんどないとされていますが、体質によってはアレルギー反応が出たりじんましんが出たりする可能性もあるので、不安な場合はドクターとよく相談したほうが良いでしょう。

「面倒な手間なく簡単に、細くて魅力的な脚になりたい」という願いから、ふくらはぎにボトックス注射を打つ「ふくらはぎボトックス」を試す人が増えているようです。エクササイズなどで苦労をしなくても良いという点が、人気の秘密だと言うことができるでしょう。

- : -

エラ顔解消にはボトックス

顔型の悩みの一つに「エラが張っている」というものがあります。
エラの部分の筋肉が発達して大きく厚くなっていると、エラが目立って顔が横に大きく見られてしまうことがあります。
エラが張っている状態を解消する方法としては、ボトックス注射などが知られています。

ボトックス注射は、顔のエラの部分にある「咬筋」という筋肉を萎縮させて、弱く小さく薄くさせる働きをします。
咬筋とは下顎骨に付着している筋肉で、ものを噛む時に使われます。
両手で頬を包み込むようにして奥歯を強く噛むと、咬筋の動きを感じることができます。

さて、エラを解消するために咬筋にボトックス注射をした場合、気をつけなければならない点とはどのようなことでしょうか。
ボトックスは咬筋を麻痺させ、萎縮を促すことになります。固いものを食べたりガムを噛んだりするのは咬筋に刺激を与えるので、避けたほうが良いでしょう。

ボトックスには、筋肉の動きのもとになる神経伝達物質の放出をおさえる働きがあります。
ボトックスを注射することによって、笑いジワや額のヒワなどの「表情ジワ」を改善したり、エラを目立たなくしたり、脚を細くしたりする効果が期待できるのは、このためです。

- : -

多汗症にボトックス

局所性多汗症は、主に緊張した時などに出る「精神性発汗」に異常が起こる症状で、手のひらと足の裏だけに多くの汗をかく病気を、正式には「突発性手掌足蹠多汗症」といいます。
多汗症の仕組みにはまだ解明されていない点も多いのですが、多汗症にボトックスが効くという報告があります。

多汗症の原因の一つに、エクリン汗腺の能動汗腺が人より多いというケースが考えられます。
エクリン汗腺は、通常は全体の半分くらいが実際に活動を行っている能動汗腺であるとされていますが、能動汗腺が多いと汗をかきやすくなります。
エクリン腺型多汗症にボトックスは効果的だと言われています。

さて、ボトックスはもともとは、顔面けいれんや眼瞼けいれんの治療などに用いられてきた薬剤で、筋力を弱めてけいれんを鎮める働きをします。
これが、腋の下などの汗にも効果的だとされ、多汗症にボトックス注射を使った治療が採用されるようになってきたというわけです。

エクリン腺型とも言われる精神性発汗型多汗症にボトックスは有効ですが、わきがの原因となるアポクリン腺から分泌される汗の改善にはボトックスはあまり用いられません。
気になる汗の原因をしっかり確認してから、治療法の検討をするべきだと言うことができるでしょう。

- : -

ボトックス注射とは

コラーゲンやヒアルロン酸などの生体用注入剤を使ったアンチエイジング治療が、いつまでも若く美しくありたい人たちの支持を集めています。
表情ジワの解消に効果的なボトックス注射や、一重まぶたを二重にする埋没法なども人気が高い施術の例ということができます。

ボトックス注射は、笑いジワや額の横ジワ、眉間のシワというような表情ジワの原因となる表情筋の動きを制限し、シワの改善を図る治療法です。
美容目的のボトックス注射は比較的新しいものですが、現在では、美容クリニックで行われる代表的なシワ治療ということができます。

さてボトックス注射の効果は、表情筋の動きによる表情ジワに限られると言われています。
それ以外のシワを解消させる方法としては、ヒアルロン酸注入が一般的でしょう。
ヒアルロン酸注射にはシワ改善のほかにも、唇をボリュームアップさせたり鼻を高くしたりする効果があります。

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌A毒素を製剤化したものを注入するシワ改善法で、所要時間が短く手軽にできるという点が人気を呼んでいます。
ボトックス注射の効果はおよそ2か月から6か月程度とされており、効果を持続するためには定期的に注射を続ける必要があります。

- : -

ボトックス副作用の例

眼科や神経内科などで治療に使われていた実績があるボトックスは、安全という点ではまず問題がないと言うことができるでしょう。
ただし、ボトックス注射当日のコンディションや体質などによってはボトックス副作用が起きる場合もありますから、気をつける必要があります。

具体的なボトックス副作用の例としては、「顔の表情の変化」という問題があります。
ボトックス注射は、顔の表情を作る表情筋の動きをコントロールするものですが、注射する場所や注入量などによっては筋肉の動きを抑制し過ぎて、表情の乏しい顔になってしまうことが考えられます。

ボトックス副作用というよりはボトックスのマイナス点といったほうがふさわしいかもしれませんが、「治療を続けなければ効果を保つことができない」という点が面倒に思われる場合もあるようです。
効果が切れはじめてくると、注射する以前よりシワが気になると感じる人もいるようです。

ボトックス副作用というのは、以上のようなものです。
また、薬剤アレルギーのある人や妊娠中の人、授乳期間中の人は、ボトックス注射をするのは避けたほうが良いでしょう。
ボトックス注射をしてから半年くらいは、妊娠しないようにしたほうが良いとも言われています。

- : -